読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取引手順

買いたい時に買って、売りたい時に売ることを成行注文と言います。

f:id:fx20th:20170317171706j:plain

 

FXをする時にこのような画面が出ると思います。

 

Bidというのは通貨を売った場合の為替レートになり、

 

Askというのは買った時の為替レートになります。

 

なぜ売った時の為替レートと買った時の為替レートの値が違うのかというと真ん中の上の数字を見て下さい。

 

その値と「Bit」と「Ask」の値の差が一致します。

 

この値はスプレッドと言ってFX会社の利益になる値です。

 

そして「5,0」50銭という意味で0,05円を表します

 

注文をすることを「約定するといいます。

 

また、この値は少しずれていることがありそれを「滑るといいます。

 

成り行き注文は自分で売買したい時にしますが、

指値を設定することで勝手に売買してくれるものもあります。

 

指値とは「00値になったら売買して!」という値です。例えば、「76円を下回ったら買って」みたいな値です。

 

 

 

取引スタイル

この取引スタイルですが、

「中期保有型」、「デイトレード」、「長期保有型」の3種類があり、どれくれいの時間とお金を投資に使えるか、どれくらいの期間の取引をしようと思っているかによって投資方法は変わってきます。

 

「中期保有型」

 

スイングトレードスイングトレード派ともいわれます

少ない資金でそこそこの利益を得たい人や時間があまりない人に向いている取引を得られます。

この取引スタイルは数日~数週間保有して様子を見ながら売買するものであるので、毎日ローソクチャートなどを頻繁に見ることのできる方におすすめです。

 

デイトレード」(デイトレーダー)

この取引スタイルは、短期取引で、時間に余裕があり、じっくり考える時間がある人や小ない資金で大きな儲けを求める人や集中力や自分で売買するタイミングを判断できる方におすすめです。

なのでFX初心者のは難しいかもしれませんので慣れてきた方や自信がある方利用されています。

 

・「長期保有型」(スワップ派)

差益の利益ではなくスワップポイントを主に利益として狙う取引スタイルで、その保有期間は、数カ月以上です。 この方法は短期的な利益は少ないのですが、スワップポイントで少しずつ利益が稼げるのが特徴です。