読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXとは

  FXとは、外国為替証拠金取引といい、

英語で言うとForeign Exchange Margin Tradingです。

 

つまり「お金の売買」です。

お金をモノと考えて「安く買って高く売る」というのが目的です。

 

 

例えばですね、米国に旅行に行く前に1ドル=200円だとします。

 

この1ドル=OOO円というのを為替レートと言います。

 

100万円をドルに交換すると5000ドルになります。

 

一年後に日本に帰ろうとするときの為替レートはその国の景気などで変動してますよね。

 

もし円高ドル安で、1ドル=400円になって5000ドルが200万円になるかもしれません。

 

しかし

 

逆に円安ドル高で、1ドル=100円になって5000ドルが50万円になってしまうかもしれません。

 

もっと簡単に言いますと、

今100円しか持っていないとして1ドル=100円で交換しました。

1ドルしか持ってません。でも明日1ドル=120円になっていて、交換したら20円儲かるかもしれないということです。

 

これが、もし1億円全部交換したとして同じような条件でしたら、2000万円儲かるのです。

 

この為替レートは1秒単位で変化するので、

 

FXではほんの数分だけでも十分な結果を出すことができます。

 

つまり、

FXとはこのレートを使った差額によって利益を得ることなのです。

 

しかし、このレートは様々な要因で変動します。

例えば、

金利の変動、中央銀行政策金利の変更

一般に金利が高くなった国の通貨は上がり、金利が低くなった国の通貨は下がる傾向があります。

中央銀行の為替介入

例えば、これ以上の円高は日本にとってよくないと日本が判断した時、日本銀行に円売りドル買いをさせることです。

・経済指標の発表

予想と違う実績値の発表は大きな為替変動要因となることがあります。

・地域紛争・戦争

紛争や戦争が経済に大きな影響を与えると懸念された時、為替相場の変動要因となることがあります。

 

など、本当にいろいろあり、完璧に予測することは不可能だと思います。

 

なので、誰でも簡単に儲かるわけではありません。

 

そこらへんもしっかりと考えたうえでFXをお考え下さい。