読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レバレッジとは?

レバレッジとは日本語でテコの原理のことです。

 

つまり、預けている資金以上の取引ができるということです。

 

簡単にレバレッジ取引を説明すると

資金を借りてきて、その資金で投資するということです。

例えば、

  • 10万円持っていて、その10万円で投資して10%の利益がでて、1万円儲かって11万円になりました。

 

  • 10万円持っていて、そこに他の人から90万円借りて100万円で投資して10%の利益がでて、10万円儲かって110万円になりました。でも、90万円は借りたので20万円になりました。

2つの利益だけを見ると他の人から借りてきた下の方が儲かるのです。この方法は小さい元本で多大な利益や損出をもたらすものとしていろんなところで利用されています。例えば、株式のレバレッジ取引を信用取引、ローンを組んで不動産を買うことを不動産投資、そして今から詳しく説明する為替でのレバレッジ取引をFX取引といいます。

FX取引では、まず一定の資金を預けます。

 

このお金を「証拠金」といいます。

 

FX取引では「差金決済」という「投資で利益が出たらあなたのもの。

 

損出だったらその分を払え」みたいなのがルールです。

 

その投資先はFXなのでやはり前のページの「お金」に対してです。

 

そして、レバレッジには上限があり約25倍です。

 

このレバレッジを25倍にすることを

レバレッジを25倍にかける」といいます。

 

ここで少し例をあげたいとおもいます。

                  

10万円を証拠金として預ける

 

・「レバレッジを2倍にかけた」とき2倍なので20万円

100円=1ドルで2000ドルに交換

 →1ドル=120円の時に交換して24万円になる。利益は4万円

 →1ドル=80円の時に交換して16万円になる。利益はー4万円

 

・「レバレッジを25倍にかけた」とき25倍なので250万円

100円=1ドルで25000ドルに交換

 →1ドル=120円の時に交換して300万円になる。利益は50万円

 →1ドル=80円の時に交換して200万円になる。利益はー50万円

 

このように

レバレッジの倍率で大きな利益になったり、損出になったりするのです。

 

つまり高いレバレッジほどハイリスクハイリターンなのです。

 

なのでFX初心者の方には25倍ものレバレッジをかけるより2倍や3倍といった低い倍率でのレバレッジをかけた方が良いと思います。